美女が奏でる神秘的な音色。UFOのような不思議な楽器の正体とは?

出典 https://www.youtube.com

一人の女性があぐらをかき地面に座っています。彼女が持っているのは「スペースドラム」。料理に使う道具ではなくて音を奏でる楽器です。

「ポーン」と叩くと不思議な音が。手で叩いて音を出す楽器のようですね。

打楽器とは思えない程色々な音階が

出典 YouTube

これはもう打楽器というよりも一つの曲を演奏する為のような道具ですね。奏でる曲の世界に吸い込まれそうになります。

この異国情緒溢れる楽器の演奏者は日本人女性。

出典 https://www.facebook.com

Yuki Koshimotoさん。石川県金沢出身。2014年のインタビュー動画によりますと、ストリートでこのスペースドラム(またはハング・ドラム)の演奏 と、ジュエリーを製作して世界中を旅しているそうで、ロンドンでストリートパフォーマンスに出会い、これをライフスタイルにすると決めたそうです。

彼女が演奏していたのはスペース・ドラム

出典 http://spacedrum.fr

フランス製のスチールハンドドラム。

20年間スチールドラムの製作と調律に携わってきた Phillipe Maignaut 氏と彼が所属する楽器店 Djoliba が中心となってリリースしている Hang Drum (ハングドラム)タイプのメロディックなハンドドラムです。

出典 http://sothis.blog.so-net.ne.jp

スペース・ドラムの原型になったハング・ドラム

出典 http://www.kultmucke.de

スイス生まれの楽器、ハング・ドラム。スイス在住のフィリックス・ローネルさんとザビーナ・ シューレルさんが作ったこのUFOのような金属を叩いて演奏する楽器は、ローネルさんがスチールパンという楽器に魅了されそれに改良を重ねて2001年に 完成させたも。スチールパン同様、とても魅力的な音色を奏でる楽器ですが、工房では二人で作成するためとても注文が捌ききれないという事で、販売を停止 した楽器でもあります。金属もスペースドラムとは違う為、音の大きさも音色もまた違ったものだそうです。

「ハング(hang)はウイルスのようなものだ」。フェリックス・ローネルさんは、ザビーナ・シェーレルさんといっしょに作り出したこの楽器には伝染性があると言う。確かにローネルさん自身、片時も手放したくないといった様子だ。

出典 http://www.swissinfo.ch

出典 YouTube

「美女が奏でる神秘的な音色。UFOのような不思議な楽器の正体とは?」への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。